<< 2月8日(´ー`)☆ | main | ダニ注意報!!! >>

19歳ねこちゃんの歯科処置

2016.03.18 Friday
0
    今回ご紹介するのは、猫のめいちゃんです。
    年齢はなんと、19歳!!! <(*ΦωΦ*)>

    先月、初めて当院に来院されました。
    めいちゃんは、他院にて約3年前から歯周病で内科的な治療をしていたそうです。
    治療を続けていましたが、最近はお口が痛くて痛くて大好きなご飯を食べているときも痛みで暴れてしまうほど...
    オーナーさんは、残りの人生を痛みや苦痛のない生活を送ってほしいと強く望まれていて、歯科治療をしてもらえる病院をさかしていたそうです。
    しかし、どの病院でも高齢のため麻酔をかけらないということで当院へ。

    当院では高齢の場合、血液検査の他にホルモンの検査・胸部のレントゲン検査などをも実施させていただき、手術可能かを判断させていただきます。
    そして年齢や病歴、術前検査の結果、性格(痛みに弱い等)を考えてその子にあった麻酔をその都度組み立てています。

    術前検査の結果でめいちゃんも考慮すべき点はありましたが、手術日までにお薬の投薬などでリスクをできる限り下げて歯科処置をさせていただきました。


    スタッフも19歳の子の麻酔をかけての処置はいつもに増して緊張しましたがとても安定した状態で処置を終えることができました(o^^o)

    術後も体調は良好で、術後の翌日から食欲も旺盛♪( ´▽`)痛みも軽減され暴れることもなくなったとのことで、ブログに載せることも快く了承していただきました!ありがとうございます(*^^*)


    口腔内の疾患は放置していると、痛みでごはんも食べれなくなりあっという間に体力もなくなってしまいます。
    お口が痛そうな時や、ヨダレが多くなったなど気になる症状がでたときは早めにご相談下さい(^o^)/


    看護師 中村


    ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119

    スポンサーサイト

    2017.07.09 Sunday
    0
      |-|-|-|by スポンサードリンク
      コメント









       

      ページの先頭へ