スポンサーサイト

2016.09.15 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|by スポンサードリンク

    ダニ注意報!!!

    2016.04.26 Tuesday
    0
      最近はすっかり春日和です(*^◯^*)
      今年はとても暖かくなるのも早かったですね!


      しかし!!!
      暖かいということは、ダニの活動も活発になっています!!!
      当院にもすでに、ダニがついてしまったという患者さんがたくさん来ています(ノ_<)

      市販のノミダニ予防薬は、効果が弱く農薬などが使われている物もあるためお勧めしません。
      病院での予防薬は、安全な皮膚につけるタイプや、おいしく食べて予防できるタイプがあります!
      今年の一番人気は、フィラリアとノミダニ予防が一錠で出来てしまうお薬です(=´∀`)人(´∀`=)一錠で済んでしまうというのはとっても簡単ですよね!!!
      予防がまだ!という方は早めの予防をお勧めします。
      ワンシーズン分、ご購入で今ならお得な特典もついてきますよo(^▽^)o

      そして、ダニがついているのを発見したときは無理に取ると口だけが残ってしまい炎症などを起こす原因になります。
      病院でキレイに簡単に取れますので、ついてしまった際はご来院下さいm(_ _)m

      看護師 中村
      ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119

      19歳ねこちゃんの歯科処置

      2016.03.18 Friday
      0
        今回ご紹介するのは、猫のめいちゃんです。
        年齢はなんと、19歳!!! <(*ΦωΦ*)>

        先月、初めて当院に来院されました。
        めいちゃんは、他院にて約3年前から歯周病で内科的な治療をしていたそうです。
        治療を続けていましたが、最近はお口が痛くて痛くて大好きなご飯を食べているときも痛みで暴れてしまうほど...
        オーナーさんは、残りの人生を痛みや苦痛のない生活を送ってほしいと強く望まれていて、歯科治療をしてもらえる病院をさかしていたそうです。
        しかし、どの病院でも高齢のため麻酔をかけらないということで当院へ。

        当院では高齢の場合、血液検査の他にホルモンの検査・胸部のレントゲン検査などをも実施させていただき、手術可能かを判断させていただきます。
        そして年齢や病歴、術前検査の結果、性格(痛みに弱い等)を考えてその子にあった麻酔をその都度組み立てています。

        術前検査の結果でめいちゃんも考慮すべき点はありましたが、手術日までにお薬の投薬などでリスクをできる限り下げて歯科処置をさせていただきました。


        スタッフも19歳の子の麻酔をかけての処置はいつもに増して緊張しましたがとても安定した状態で処置を終えることができました(o^^o)

        術後も体調は良好で、術後の翌日から食欲も旺盛♪( ´▽`)痛みも軽減され暴れることもなくなったとのことで、ブログに載せることも快く了承していただきました!ありがとうございます(*^^*)


        口腔内の疾患は放置していると、痛みでごはんも食べれなくなりあっという間に体力もなくなってしまいます。
        お口が痛そうな時や、ヨダレが多くなったなど気になる症状がでたときは早めにご相談下さい(^o^)/


        看護師 中村


        ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119

        休診のお知らせ

        2016.01.14 Thursday
        0
          獣医師の退職のため、1/26日から当面の間、火曜日の午後は休診とさせていただきます。
          祝日の午後も今まで通り休診となります。


          ◯臨時休診のお知らせ
          1/14 午後休診
          1/15 午後休診
          1/30 午後休診
          2/11 全日休診

          急な変更で、ご迷惑をおかけ致しますがご理解のほどよろしくお願い致します。



          ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119

          年末年始も診察中します!

          2015.12.29 Tuesday
          0
            アレックス動物病院は年末年始も休まず診察しております!

            体調が悪そうかな?と思ったら、あまり様子をみないようお願いします(>_<)
            わんちゃん・ねこちゃんは体調が悪くてもギリギリまで頑張る事が多いので、体調が悪そうに見えたときにはすでに症状がすすんでいる可能性もあります!

            寒くなってくると、おしっこ系のトラブルが多くなるので要注意です!!!
            ・トイレに頻繁に行く
            ・トイレからなかなか出てこない
            ・排尿姿勢があるのにおしっこがでていない
            ・おしっこの色がおかしい
            などの症状がみられた場合はずくに病院へご連絡ください。



            中村


            ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119

            幼少期の便検査は大切です!

            2015.09.06 Sunday
            0
              当院に来院したわんちゃんの便からコクシジウムと言う寄生虫が見つかりました。

              コクシジウムとは特に幼犬でみられ
              下痢の原因となり、ときに血便、消化不良、貧血、衰弱などの症状があります。

              ですから、幼少期の便検査はとても大切なんです!

              まだ生まれて小さい子は免疫力も弱く体調を崩しやすいため、新しい子を迎えたら一度便検査をしましょう!
              ■看護師日誌comments(0)|-|by arex119
               

              ページの先頭へ